昭和14年秋田県男鹿地方地震の被害(土木学会文化映画委員会製作)

当サイトの表示には、Adobe Flash Player 11以上が必要です。
Flashのインストール、設定方法については下のリンクをクリックしてください。

Adobe Flash Playerのダウンロード

タイトル:秋田男鹿地方 地震の被害 昭和14年5月1日
企画・製作:土木学会文化映画委員会 /制作年:昭和14年(1939) 
上映時間:16分2秒  備考:無声映画、効果音などもない。
入手経緯:金森誠之土木学会文化映画委員会初代委員長の遺族から寄贈された。

製作経緯(文化映画委員会記事録より):
・1939年5月8日の土木学会理事会で、1939年5月1日14時58分に発生した秋田県男鹿地震に対し、
土木学会は3省7名からなる調査団および震害状況撮影のため文化映画委員会委員1名を派遣することを決定。
・同年5月10日の文化映画委員会では、廣田・下山の両名を映画撮影に派遣することとし5月7日10時に出発
したとの報告あり
・同年5月17日の文化映画委員会では、廣田・下山両名から報告があり、
鉄道関係の復旧状況映像は写真を編集するなど、具体的な作業に入っていることがわかる。
・同年5月24日の委員会では金森前委員長を交えて試写が行われており、
タイトル作成を協議している。
・同年6月2日の委員会では深夜まで編集作業を行っている様子がわかる。
・同年7月4日には金森前委員長の上京をとらえて、仕上げのための意見交換を行っている。
・同年12月には上映会を予定しているので、ここまでに現在見られる映像が完成していたと推測される。

土木学会誌等関連文献:
土木学会誌では、以下の文献が当該地震を扱っている。
1)講演 秋田県下の震災を視察して:高井 信一,25-9,1939(昭和14)年9月,pp.1007-1016
2)講演 秋田県下の震災を視察して:松村 孫治,25-9,1939(昭和14)年9月,pp.1017-1027
http://www.jsce.or.jp/library/open/proc/maglist2/00034/25-09.html
3)1939年秋田県男鹿地震での斜面崩壊の痕跡についての現地調査:平賀 有輝,國生 剛治,
石澤 友浩,西村 治久,吉野 拓也,土木学会地震工学論文集,29,2007,pp.1011-1016
http://library.jsce.or.jp/jsce/open/00578/2007/29-1011.pdf

また、東京大学地震研究所「震研彙報」では以下。
1)昭和14年5月1日男鹿地震調査概報:萩原尊礼,Bull.Earthq.Res.Inst.,vol.17 Part3,pp.627-637
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/handle/2261/10456
2)昭和14年5月1日男鹿島地震の地變に就て:宮部直巳, 武井柳吉,
Bull.Earthq.Res.Inst.,vol.17 Part3,pp.638-649
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/handle/2261/10457
3)昭和14年5月男鹿半島地震の地變:大塚彌之助,Bull.Earthq.Res.Inst.,vol.17 Part3,pp. 650-660
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/handle/2261/10458

« ページ一覧へ戻る

  • « 前の動画へ
  • 次の動画へ »