液状化した湾岸上空から(浦安から千葉市美浜まで)

当サイトの表示には、Adobe Flash Player 11以上が必要です。
Flashのインストール、設定方法については下のリンクをクリックしてください。

Adobe Flash Playerのダウンロード

【映像番号】Flyover-east-tokyo-bay
【タイトル】液状化した湾岸上空から(浦安から千葉市美浜まで)
Birds-eye views of liquefied Tokyo bay shore areas
【地名】浦安から千葉市美浜まで
【制作】Konagai. K., Kiyota T., Suyama S., Asakura T., Shibuya K. and Eto C.: Maps of soil subsidence for Tokyo bay shore areas liquefied in the March 11th, 2011 off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake, Soil Dynamics and Earthquake Engineering, Vol. 53, 240-253, 2013, https://doi.org/10.1016/j.soildyn.2013.06.012.

【コメント】2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震は、東京湾沿岸の約42km2にも及ぶとされる広大な地域を液状化させた。経済・産業の中枢であり、また首都圏の生活の場でもある東京湾沿岸がいかに液状化のリスクが高かったか知らしめる結果であった。東京直下の地震の発生が懸念されている中で、この事実は、再液状化の可能性をも考慮しての喫緊の対応を地域と行政に強く迫るものとなった。そこで液状化の実態を定量的に記録し、合理的な対応策定の一助とすべく、東京湾沿岸域の液状化マップを作成した。これは地震前後の航空レーザー計測による標高データを比較し、地殻変動の影響を除去したものである。ここにある2つの動画はGoogle Earth上のフライオーバー映像の一コマで、海上1.2 km上空から液状化した東京湾岸西側および東側を俯瞰したものである。動画、地形データのダウンロードは以下のサイトから:http://konalab.main.jp/flyovers/

The March 11th, 2011 Off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake, also known as the Great East Japan Earthquake, has shown that a long stretch of landfills along northeastern shorelines of the Tokyo Bay had very high susceptibility to liquefaction, causing concerns about re-liquefactions of the area in the scenario earthquake expected in the capital‘s metropolitan area. An attempt was made to detect soil subsidence from raster images converted from airborne LiDAR (Light Detection and Ranging) data before and after the earthquake. To eliminate deep-seated tectonic displacements and systematic errors of LiDAR surveys, the template matching technique is used for clusters of pile-supported buildings and bridge piers chosen as templates in source images of the target areas. The “Google Earth tour” flying about 1.2 km over the liquefied Tokyo Bay Areas (west and east sides) provides you with the spatial distribution of soil subsidence in great detail.
http://konalab.main.jp/flyovers/