「三陸の奇跡」と「命の道」~東日本大震災から学びました~

当サイトの表示には、Adobe Flash Player 11以上が必要です。
Flashのインストール、設定方法については下のリンクをクリックしてください。

Adobe Flash Playerのダウンロード

企画・制作:釜石市・釜石市立釜石東中学校・釜石市鵜住居小学校 2011年11月 6分
概要:釜石市立釜石東中学校と鵜住居小学校の皆さんが,自分たちの言葉で,3月11日の地震発生直後の出来事を語っています。地震による大津波に襲われ,小中学校の皆さんは上へ上へと高台に逃げていきました。やっとの思いでたどり着いたのは,6日前の3月5日に開通したばかりの「釜石山田道路」。日も暮れ雪の中で救助を待っていましたが,45号線は不通で身動きが取れません。この状況を救ったのが釜石山田道路でした。通りかかった数台のトラックに乗り込み 約600人の生徒 児童さんは市内の体育館に避難することができました。釜石山田道路は,子供たちを救ったまさに「命の道」だったのです。